toggle

懐かしい石畳の小径の庭

所在地 東京都世田谷区

用途 個人邸の庭

完成 2020年2月

撮影 岩田 圭

故郷を思い出すような石畳のアプローチが欲しいというのがご夫婦のリクエストでした。ご自宅は建築家と細部までこだわって造り上げたモダンでスタイリッシュな建築ですが、玄関までのアプローチは、山の小径を分け入って入っていくような、丸みを帯びた川石を用いてどこか懐かさを感じる石畳を計画しました。モダンな造りの建築と、トラディショナルな造園のコラボレーションが楽しめる玄関アプローチとなりました。2階のテラスには、シルバーからグリーン、茶系の多種多様なグラスをふんだんに使用して、目隠しとしても機能する植栽をしました。屋内からだけでなく、屋外からも見えることにより、1階の緑と2階の緑がつながり、植物のグラデーションが建築全体の外観と相まって、より引立ったのではないかと感じています。故郷を離れて都心に暮らしていても、家に帰るとほっと温かい気持ちになれる場所として、ご家族に寄り添い、年月とともにより熟成された空間になっていってほしいと思います。